FC2ブログ
無料で、楽しく、アクセスアップができる方法を探っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|

「ブログのランキングサイトの信憑性というのはどのくらいあるのでしょうか?」

上記は「ブログランキング考察」の記事にいただいたyusuke様のコメントです。(一部抜粋)
コメント欄で返信するには長く、また折角のネタが勿体無かったので記事にさせてもらいました。こういうのがインスパイヤされたというやつでしょうか?

ランキングサイトの信憑性とは「ランキングの付け方に不正がないのか?」という意味だと思うのですが、個人的見解でいうと、可能性として絶対に無いとは言い切れないと思ってます。運営側が操作すれば、特定のサイトをランキング上位にくるように仕向けるのは簡単そうですから。

また、運営側が不正をしてなくても、参加者が不正をしてる場合があります。
たとえば、ランキングと無関係なテキストのリンクを貼り、閲覧者をランキングサイトへ誘導する、仲間内でランキングをクリックしあうなど。
大抵のランキングサイトでは、これらのことは禁止してます。しかし、きっちりと不正を取り締まっているかどうかは分かりません。

以上の事から、ランキング上位にあるからといって、良いサイトとは限らないと思ってます。(良いサイトという表現も主観的であいまいですが)

それらを踏まえた上で、ランキングサイトを利用するのも良いのではないでしょうか?

スポンサーサイト

ブログランキングに登録して、そろそろ1週間経過しました。
どれぐらいアクセスアップに効果があったのか考察してみようと思います。

2005/11/21~2005/11/27までの7日間のアクセス解析結果です。(アクセス解析画面

順位 ブログランキング名 リファ 訪問数
1位 にほんブログ村 blog.blogmura.com+blogmura.com 12
2位 人気blogランキング blog.with2.net 7
3位 ブログランキング ドット ネット blogranking.net 5
4位 人気ブログのランキング ranQ(ランキュー) ranq.jp 1
4位 ランキング☆ナビ fieldsystem.ne.jp 1
6位 ランキングオンライン - 0

1位 にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

総合:1741位 / カテゴリ(ネット > ブログ):19位

人気blogランキングを抜いて1位になっていたのでビックリしました。
このサイトは、ランキングだけでなく、トラックバックセンターやコミュニティ部門にも力を入れてるので、利用者が多いのかもしれませんね。
ランキングのバナーの種類が多く用意されてるので、自分のブログの雰囲気にあったバナーが選べるのも良いです。トラックバックテーマへのバナーも用意されてるので、記事内容に直接関連のあるテーマへ誘導することもできます。

ランキング算定方法は、登録ブログからランキングサイトへのアクセス数(IN)で決定されます。そうそうランキングのバナーをクリックしてくれる人はいないので、地道に自己クリックするしかなさそうです。

1ページに50位まで表示されるので、下位ランクでもソコソコ見に来てもらえるようです。また、最新記事のタイトルが3件表示されるので、直接記事を見にきてもらいやすいです。
複数のカテゴリに登録して浅く広くサイトをアピールするか、ひとつのカテゴリに絞ってランキング上位を目指すかでアクセス数に変化が出そうです。

2位 人気blogランキング 人気blogランキングへ

カテゴリ(インターネット・コンピュータ > ウェブログ):134位

ブログランキングの代表ともいうべきサイトです。よくブログで見かけるランキングのバナーもココのが多いですね。

ランキング算定方法は、登録ブログからランキングサイトへのアクセス数(IN)で決定されます。
ランキング表示はブログ村と同じく、1ページに50位まで表示され、最新記事のタイトルも3件表示されます。複数のカテゴリに登録できるので、こちらもカテゴリの割り振り方でアクセス数に変化がでそうです。

3位 ブログランキング ドット ネット 

総合:4257位 / カテゴリ(インターネット > ブログ):72位

ここは、登録ブログのユニークユーザー数と更新頻度をベースにランキングを決定しています。つまり、マメに更新してアクセスを増やしてる人気ブログがランキング上位にくるようになってます。
しかし、1日に15アクセス程度の、このブログでも結構上位にランクされてました。まだベータ版なので登録ブログが少ないのかもしれませんね。

PINGサーバの設定を済ませ、サイドバーなどにバナーを設置しすれば、あとは放置しておいても勝手に計測してくれます。ランキングバナーのクリックをお願いする必要もないので気分的に楽です。
ただ、Javaスプリクトが使えないブログ(楽天広場など)は参加できないので注意が必要です。

4位 人気ブログのランキング ranQ(ランキュー) ブログランキングranQ

カテゴリ(インターネット・コンピュータ > ウェブログ):34位

ランキング算定方法は、登録サイトからランキングサイトへのアクセス数(IN)で決定されます。

カテゴリでのランクが上位のわりには、あまりアクセスがありませんでした。
他のブログランキングよりも、登録のときに入力する項目が多いので、利用者が少ないのかもしれません。
また、運営会社が出会い系サイトの運営もしてたり、広告メールの受け取りが必須なのもマイナス要因かと思います。
ちなみに、出会い系のメールがバンバン送られてくるかと構えてましたが、今のところ1通も届いてません。

4位 ランキング☆ナビ ランキングナビ ブログ

カテゴリ(ブログ部門>インターネット>アクセスアップ):12位

事前の登録が不要で、自分のブログにタグを貼り付ければランキングに参加できます。
ランキング算定方法は、アクセス数とリピーター率で決定してます。何度も訪問してもらえるような魅力のあるブログを作れば、どんどんランクアップしていくことでしょう。まあ、そんなブログが作れるようなら、ブログランキングに登録してアクセスアップを目指す必要もないとは思いますが……。

今回は、あまりアクセスアップに効果がありませんでしたが、記事数を増やしてリピーターがつくようになれば違ってくるかもしれません。ランクアップを目指して、もう少し頑張ってみようと思います。

6位 ランキングオンライン ランキングオンライン

今回は、残念ながらアクセスが全くありませんでした。
ここのシステムは、ちょっと分かりづらいので、まだ利用者が少ないのかもしれませんね。

ここは、最初にカテゴリを登録するのではなく、カテゴリごとのテーマにトラックバックをすることでランキングに参加します。
ランキング算定方法は、登録ブログからランキングサイトへのアクセス数(IN)と、ランキングサイトから登録ブログへのアクセス数(OUT)で決定されてるようです。
しかし、現在はアクセス数がランキングに表示されていないので、ハッキリとしたデータがみれません。他のブログランキングのように、INとOUTの表示をしてくれればランキングに信憑性が出ると思うのですが……。
また、1ページに10位までしか表示されないので、下位ランクにいると殆どアクセスが見込めないと思います。

総合考察

全部のブログランキングを合わせても、7日間のアクセス数26件、1日あたり約3.7件でした。
はっきりいって、スズメの涙ぐらいのアクセス数しか稼げてませんが、それでも、毎日10アクセス程しかないサイトにとっては有りがたいものです。逆にいえば、1000や2000のアクセスがある人気サイトにとっては、ブログランキングの利用価値はあまり無いかもしれません。

ランキング順位は2005/11/28時点のものです。

数件のブログランキングに登録してみました。
ランキング上位を狙うとか、そんな大それた事は考えてませんが、少しでもアクセスアップに繋がれば良いなと思ってます。
サイドバーにブログランキングのバナーを貼っておきますので、良かったらクリックしてやってください。

PING送信先を増やすとアクセスアップに効果的だと聞きました。
自分の記事が人目につく確率が高くなるので、確かに効果がありそうです。

FC2ブログ での初期設定では送信先が少なかったので、自分で追加してみました。
改めて調べてみると、想像以上に稼動してるPING送信先が少ないです。仕方が無いので、海外のPINGサーバーにも送信設定してみます。
他に稼動してるPING送信先があれば情報ください~。

参考:PING送信とは?
FC2ブログでの設定変更:環境設定の変更→ブログの設定→PING送信先

FC2ブログ:初期設定で有効なPING送信先

MyBlog japan
ココログ
goo BLOG
Bulkfeeds
COREBlog
ping.bloggers.jp
BlogPeople
blogdb.jp
BLOGOOLE
ping.Amagle.com
テクノラティ
http://ping.myblog.jp
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://bulkfeeds.net/rpc
http://coreblog.org/ping/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://blogdb.jp/xmlrpc
http://www.blogoole.com/ping/
http://ping.amagle.com/
http://rpc.technorati.jp/rpc/ping

国内PING送信先

blogoon
にほんブログ村
BlogStyle
gpost.info
http://www.blogoon.net/ping/
http://ping.blogmura.jp/rpc/
http://blogstyle.jp/xmlrpc/
http://ping.gpost.info/xmlrpc

海外PING送信先

my.yahoo.com
technorati.com
Weblogs.com
blo.gs
BlogRolling.com
Ping-O-Matic
blogg.de
weblogalot.com
http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://rpc.technorati.com/rpc/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.pingomatic.com/
http://xmlrpc.blogg.de/
http://ping.weblogalot.com/rpc.php

新しくブログ(サイト)を作ると、いつもタイトルをつけるのに悩みます。
印象的で分かりやすいブログタイトルにしたいのですが、なかなか、そういうタイトルって閃きませんよね。

とりあえず、何かタイトルをつけないと前に進まないので、「アクセスアップ方法論」とつけてみました。
一応、このブログのキーワードである「アクセスアップ」も入ってるし、分かりやすい名前だとは思うんです。ただ、「アクセスアップ」でGoogleで検索すると1,610,000件も引っかかるので、競争率が高すぎるかなとも思ってます。

ちなみに、ボツになったタイトル案です。

  • 「アクセスの森」 ←森って何やねん
  • 「アクセスアップ奮闘記」 ←もう他のサイトがイッパイつけてる
  • 「アクセスアップ研究所」 ←そんなに大層な事しないしなぁ

ん~、何か良いタイトル無いですかねぇ?

一通りブログの形が整ったので、検索エンジンに登録してみました。
検索エンジンといっても色々ありますが、まずは大手ロボット検索型をターゲットにしました。

何もしなくても登録される事もありますが、運が悪いと何ヶ月も検索エンジンに無視されるので、積極的に登録しておいたほうが安心です。
友達のサイトや自分の別サイトが検索エンジンに登録されているのなら、そこからリンクを貼っておけば早く登録されます。逆にいうと、どこからもリンクが貼られていないサイトは、検索エンジンに登録されにくいです。初めて作った私のサイトは、外部からのリンクがなかったので、なかなか検索エンジンに登録されませんでした。1ヶ月待っても登録されなかったので、相互リンクをお願いしたら、2日ほどでサクっと登録されました。

ブログの場合はブログサービスの新着記事などからリンクされる事が多いので、検索エンジンに登録されやすいと思います。

ちなみに、検索エンジンに登録されているか分からないときは、自分のサイトのURLで検索してみると良いです。登録されていれば、自分のサイトが検索結果に反映されてる筈です。

ロボット型・検索エンジン登録URL

このブログを作った理由

  • 今までに試してきたアクセスアップ方法をまとめてみたかった。
  • 新しいアクセスアップ方法を試してみる場所が欲しかった。
  • アクセスアップに効果のあった方法と、無かった方法を冷静に分析したかった。

他にも色々理由はあるんですが、大雑把にまとめると上の3つになります。
特に秘密のノウハウを持ってるわけではないので、ありきたりのアクセスアップ方法の紹介が多いかもしれません。実験的な意味合いが強いので、長い目で付き合って頂けるとありがたいです。

アクセス解析ついて

このブログにはアクセス解析をつけています。
アクセスアップの参考にするため、訪問者数、検索ワード、検索エンジン名などを統計として公表させていただく場合があります。

トラックバック、コメントについて

トラックバックやコメントは大歓迎です。
ただし、以下のようなトラックバックやコメントは削除しますのでご了承ください。

  • 明らかに宣伝が目的である。
  • 当方の記事との関連性が全くない。
  • アダルトサイトや出会い系サイトへの誘導が目的のトラックバック、コメント。
  • その他、管理人が不適切と判断したもの。

リンクについて

このブログはリンクフリーです。リンク先のURLはブログトップでお願いします。記事の紹介の場合は各記事へのリンクでOKです。

サイト名:アクセスアップ方法論
リンク先URL:http://accessup2.blog36.fc2.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。