無料で、楽しく、アクセスアップができる方法を探っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|

Googleサイトマップの作成方法をサイトマップの形式ごとに説明していきます。今回はテキストファイル編です。
Googleサイトマップの作成の流れは、「Googleサイトマップ」を参照してください。

テキストファイル形式は、サイトのURLのリストを記載したテキストファイルをサイトマップとして利用します。単純なURLのリストだけなので、更新頻度やサイト内のファイル優先度の情報を含めることはできません。
サイト内のページ数が少ない、小難しいことはカンベンして欲しい、とりあえずGoogleサイトマップを作成してみたい、というような方に向いてます。
ただ、サーバにテキストファイルをアップロードする必要があるので、ブログでは難しいと思います。ブログを使っている方は、RSSやATOMを利用した「シンジケーション フィード編」を参考にしてみてください。

サイトマップ作成

  1. Windowsに付属しているメモ帳を起動します。(テキストファイルが作成できるソフトなら何でもOK)

  2. 1行につき1つのURLを記載していきます。記載するURLは、完全なURLを指定してください。要するに、変に略したりせずに「http://」 から始まるURLを指定しておけばOKです。


  3. 「名前をつけて保存」します。ファイル名は英数字なら何でもOKですが、拡張子は「.txt」にしてください。また、文字コードは「UTF-8」で保存してください。


  4. 作成したテキストファイルをアップロードします。ファイルを置く場所は最上位のディレクトリである必要がありますが、一般的には、トップページ(index)と同じ階層にアップロードすればOKです。

テキストファイルに含めるURLは50,000個までです。それ以上ある場合は、リストを複数のテキストファイルに分ける必要があります。
拡張子を確認するには、コントロールパネルにあるフォルダオプションの表示タブから「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外してください。適当なフォルダを開いて、ツールからフォルダオプションを出すこともできます。(WindowsXPの場合)

サイトマップ追加の手順

Googleサイトマップのトップページから「サイトマップを追加」をクリックし、「一般的なウェブページのサイトマップを追加」を選択します。
「サイトマップのURL」に、作成したテキストファイルのURLを入力して、「ウェブページのサイトマップを追加」ボタンをクリックします。
しばらくすると「サイトマップのステータス」にOKが出ます。(多少、時間がかかる場合もあるようです)

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://accessup2.blog36.fc2.com/tb.php/33-57a9c1d9
トラックバック
初心者でもホームページ作成は簡単
最近はすぐに無料のHPスペースが借りれるから、すぐにホームページを公開することが出来ます。内容なんてあとから考えればいいものなので、まずは作ってしまうのも手。プログラマーだって最初は初心者だったんだから、まずは始めてみるのが良いかと。はじめてみると、結構簡
2006/08/26(土) 00:54:30 | ホームページ作成
サイトマップを設置しました
まずサイトマップを知らない方、 サイトマップを設置するメリットを知らない方のために 簡単に説明しますね。
2008/01/06(日) 23:55:07 | ブログアフィリエイトでこっそり実践してがっつり稼ぐ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。