無料で、楽しく、アクセスアップができる方法を探っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|

Googleサイトマップを「テキストファイル形式」や「サイトマップ プロトコル形式」で作成すると、手作業だと結構手間が掛かってしまいます。特にページ数が多いときは、かなり大変な作業になってしまいます。
そういうときは、ネット上で無料で公開されているツールを使ってみてはいかがでしょうか?海外のサイトのツールが多いですが、英語力に乏しい私でも使えたので、それほど難しくはないと思います。一部のサイトだけですが、使い方をメモ程度に纏めているので、よかったら参考にしてみてください。

オンライン型ツール

オンラインでサイトマップを生成してくれるツールです。リンクをたどってサイト内のページを探すので、サイト内の何処からもリンクがないページ(隠しページ)は、取得されないようです。また、取得できるページ数に制限がありますので、注意してください。

XML-Sitemaps Generator

  1. 「Starting URL」のボックスにURLを入力。
  2. 「Change frequency」「Last modification」「Priority」でオプションを設定。特に必要なければ、そのままでOK。(オプション要素
  3. 「Start」ボタンをクリック。サイトマップを生成してるので、しばらく待つ。
  4. 1番上の「Download un-compressed XML Sitemap」をクリックしてxmlファイル(サイトマップ プロトコル形式)をダウンロード。ちなみに2番目の「Download compressed XML Sitemap」はxmlファイルをgz圧縮したもの、3番目の「Download ROR Sitemap」は他のサーチエンジンでも使えるサイトマップ形式、4番目の「Download HTML Sitemap」はHTML形式のファイル、5番目の「Download Sitemap in Text Format」はテキスト形式のファイル。

Google Sitemap Generator and Editor

  1. 「Url to map」のボックスにURLを入力して「Create Map」ボタンをクリック。
  2. ポップアップが出たらOKをクリックすると、検索が始まるのでしばらく待つ。
  3. サイト内のURLの一覧が表示されるので、出力したいURLにチェックを入れる。
  4. 一覧右側で個別にオプション設定を変更することが可能。オプションが必要なければ「Last Mod 」「Changefreq」「Priority」のチェックを外す。
  5. 「XML Sitemap」ボタンをクリックすると、xml用(サイトマップ プロトコル形式)のソースが出力されるので、コピーしてメモ帳などに貼り付ける。ちなみに、「HTML Sitemap」「TEXT Sitemap」「RSS」「Gogglize」などでも出力できるが、日本語だと文字化けするようなので、テキスト形式以外は使い物にならないかも。

SiteMap Builder

  1. URLをボックスに入力して「Extract Urls fromthis page」をクリック。
  2. Optionsのボックスで、ページを加えたり削除したりできる。また、ボックス下の「Add date」にチェックを入れてカレンダーで日付を選べば「Last Mod」が出力される。「Priority」や「Changefreq」の設定も変更可能。
  3. 「Generate Google Site Map XML」ボタンをクリックすると、xmlファイル(サイトマップ プロトコル形式)が生成されるので、.「Click here to download the file」ボタンをクリックしてダウンロードするか、ボックス内のソースをコピーしてメモ帳などに貼り付ける。

■その他・オンライン型ツール

ダウンロード型ツール

ダウンロード型のGoogleサイトマップ生成ツールです。ダウンロードやインストールに手間がかかりますが、更新を頻繁にするサイトなら、こちらのほうが使い勝手が良いかもしれません。

SiteMap Builder Windows Version

  1. Microsoft .NET Framework Version 1.1」が必要なので、ダウンロードしてインストールする。
  2. SiteMap Builder Windows Version」にて「Download」をクリック。
  3. ダウンロードしたZIPファイルを解凍。Setup.Exeをダブルクリックして、インストール開始。基本的にNEXTを押していけばOK。
  4. SiteMap Builderを実行。URLボックスに入力して、「Extract Links」をクリックするとサイト内のページの一覧リストができる。
  5. 「File」→「Save Map as」で、xmlファイルやテキストファイルを出力。

注意点orメモ

・「NET Framework Version 2.0」がインストールされていると、1.1のインストールができないかも。2.0をアンインストール→1.1をインストール→SiteMap Builderをインストール→2.0をインストールで対処。
・「File」→「Load Map」で出力済みのxmlファイルやテキストファイルを再読み込み可能。ただし、xmlファイルの場合は、オプションでnoneを選択しているとエラーになることも。
・「Add new URL」ボタンをクリックすると、新しくURLを追加可能。
・リストの行をダブルクリックすると、オプションの変更が可能。
・「Data options for all Links」にチェックを入れると、「General Options」が現れて、すべてのページのオプションを一気に変更できる。

■その他・ダウンロード型ツール

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://accessup2.blog36.fc2.com/tb.php/36-2acfc98e
トラックバック
今さらGoogle Sitemaps!!
サーバーを新しく借りてブログも新しくしたので、今さらですがGoogle Site...
2006/11/18(土) 10:58:52 | AfroCafe.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。