無料で、楽しく、アクセスアップができる方法を探っていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|

このところ、Googleサイトマップについての記事をアップしてきましたが、ここらで、Googleサイトマップ導入の効果を考察してみようと思います。

Googleインデックス

Googleのインデックスとは、ウェブ サイトの情報をまとめたもので、本の巻末にある索引のような役目をしてるそうです。このインデックスに登録されていないページはGoogleの検索結果に現れません。

サイト名 確認 サイトマップ送信 インデックス数(9/26) インデックス数(10/26)
サイト1(CGI有) 1 33
サイト2(CGI無) 16 28
サイト3(Wiki) × × 1 1

サイトの確認とサイトマップ送信が出来ているサイト1とサイト2は、明らかにインデックスされたページ数が増えています。特に、CGIで構成されたサイトはGoogleサイトマップを送信するのは、効果的なようです。
また、確認もサイトマップ送信も行っていないサイト3では、インデックス数に変化がないので、サイトを登録するだけでは効果は無いようです。

アクセス数の変化

サイト名 確認 サイトマップ送信 アクセス数(8/26~9/26) アクセス数(9/26~10/26)
サイト1(CGI有) 688 528
サイト2(CGI無) 970 1094
サイト3(Wiki) × × 394 408

Googleサイトマップに登録する前の1ヶ月間と、登録後の1ヶ月間のGoogle経由でのアクセス数を比べてみました。
どのサイトも、アクセス数が急激に増えたといった変化はありませんでした。むしろ、アクセスが減っているサイトもあります。Googleのインデックスに登録されたからといって、急にアクセスが増えるというわけではないようです。

総合考察

今回の検証結果だけみると、Googleサイトマップを作成してもアクセスアップ効果は低いように思います。サイトマップの送信や作成に時間をかけるよりも、記事の作成に力を入れたほうが良いかもしれません。
ただ、殆どサイトマップ作成に手間のかからないブログや、なかなかインデックスされないサイトなどは、登録しておいても損は無いと思います。もしかしたら、今後、サイトマップを送信することによって、アクセスアップ効果が期待できるようになるかもしれませんしね。

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://accessup2.blog36.fc2.com/tb.php/37-e7e3e2dc
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。